バーチャルユーチューバーVTuberになるための方法をこっそり紹介【初心者にもわかりやすく説明】

おすすめライフログ LIFELOG(@osusume_life)のかずのりです。

バーチャルユーチューバー(VTuber)からの説明をしたいと思います。

VTuberって何?っていう方、安心してください

私も同じです。

素顔ではなくアニメみたいなものでユーチューバーをやっているんでしょ?っていうぐらいしか知らないあなた!

調べてみたらVTuberもかなり豊富な種類もあるので是非、読んでいってください。

こんな人に読んでもらいたい

バーチャルユーチューバーとは

バーチャルユーチューバーの定義はこちらです。

日本発祥のコンピューターグラフィックスのキャラクターを使ってユーチューバーとして動作投稿や動画配信する人

簡単にいうと素顔をださないユーチューバーですね。

顔を出すと職場などでばれたときには面倒なんですが、バーチャルユーチューバーだと職場にバレずにできそうですね。

最近は副業としても動画配信が流行っています。

いち早く始めたもの勝ちですので、もしこの記事をみて始めた方がいましたらチャンネル登録させてください。

バーチャルユーチューバーになる準備

とても簡単です。

とりあえずgoogleアカウントを作成してYoutubeに動画を投稿すればできます。

ただし、その場合だと普通の動画をアップすることになります。

バーチャルで動画配信する手順を下記にまとめておきます。

  • 動画を配信するプラットフォームのアカウント登録
    • YoutubeならGoogleアカウントの作成が必須
  • WEBカメラを用意する(安くて2000円程度のものでOK)
    • カメラ付きのスマフォでも大丈夫です
  • リアルタイムにキャラクターを動かすソフト
    • 次の章で説明します
  • 動画編集ソフト
    • 録画した動画を編集するソフト(必須ではない)

簡単ですが動画を配信するアカウントの登録とカメラがあればすぐにでも始められます。

VTuberの種類は2Dモデルと3Dモデル

どちらも専用ソフトやアプリがありますが、2Dモデルと3Dモデルとでは少し扱いが違うらしいです。

それぞれメリットやデメリットがあるのでまとめておきます

2Dモデルの特徴

  • コストが安い
  • 立体的な表現ができない
  • 手や足を動かすのがむずかしい

3Dモデルの特徴

  • 表現が多彩にできる
  • リアルタイムで顔や体を動かすことができる
  • オリジナルだと3Dモデルを使ってキャラクターデザインをしないといけないため技術が必要
  • コストがかかる
  • VRを動かす環境が必要になります。(VRゴーグルなど)

ちなみに3Dモデルだと「キズナアイ」が有名ですね

バーチャルユーチューバーのソフトウェアをご紹介

PCで動画配信するのか?スマフォで動画配信するのか?を決めてください。

スマフォの場合は専用サーバーでの配信となります。

PCの場合は、3Dモデルのアバターをオススメします。

■スマフォだけで簡単にVTUREになれるアプリ

説明:スマフォで簡単にVTureになるアプリですが配信プラットフォームがYoutubeではなくサイト運営会社のプラットフォームになります。なので、人気がないプラットフォームを選択すると投げ銭には期待しない方がよいかもです。

REALITY(スマフォアプリ)

オススメ度:★★★

実際にやってみた感想ですが、登録についてはツイッターなどのSNS連携ができるのですぐに始められます。

登録後、アバターを作成するベースが若い女子ベース!

そこからいろいろとカスタマイズしていくときれいな男性アバターができます。

サイト自体も女性アバターが多い感じでした。

動画配信者は10代、20代がターゲット対象なるアバターでした。

おっさんには少しハードルが高い・・・・


・カスタムキャスト
・SHOWROOM V
・エモモ/エモカラ(ミラティブ)
・トピア
・ナカノヒトライブ
・MakeAvatar
・ミチコンPlus

■PCを使ったVTuber作成ソフトウェア

Vカツ

VカツはPCでアバターが簡単にできるサービスです。

但し、アバターを動かすにはVR環境が必要となりますのでご注意してください。


VRoid Studio

自分で3Dキャラクターの作成ができる無料ソフトになります。

ある程度は素材が用意されているので気軽に編集などは可能です。

Youtubeをみてると3Dモデルをある程度、ソフトウェア上で修正してます。

3Dキャラクターを動かすには

  • 顔はWebカメラ
  • 体はLeap Motion

というもので実際の体と連動するアイテムが必要となるそうです。

コストかかりますね

■WEBカメラとマイクだけですぐにVTure

FaceVTuber

オススメ度:★

WEBカメラとブラウザだけでVTuberになれるサイトです。

無料で使えますがサイトが他のサイトと比べて一般の方が作成したサイトみたいで実際に動かしてみても動作がカクカクしている感じがします。


FaceRig

オススメ度:★★★★★

Steamというサイトで有料にて配布しているものです。

有料といっても月々2000円前後。

Youtubeをみているとかなり多くの方が使っていると思われます。

私も有料でも一度購入してみたいと思っております。

■VTubeがよくつかう動画ソフト

・VRChat
・cluster
・3tene
・VDRAW

まとめ

ひと昔前はVTuberになるには、高価な機材やイラストや3DCGなどの技術が必要でした。

しかし、現在はスマフォ一つで簡単にバーチャルユーチューバーになるんです。

Pocket
LINEで送る
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on reddit
email this

hdjかずのり
  • hdjかずのり
  • 本職はプログラマー、副業で投資(FX、CFD)をやっています。現在は会社を企業→年間5000万以上の売り上げ→失敗→本業+投資→ブログを書いてマス。普段は、本業が終了後にジムに行きトレーニングし、その後、投資を行っております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA